alana1082-1560x1040.jpg alana1689-1560x1040.jpg crowd-people-concert1050-1560x1040.jpg

小規模ビジネスこそ
ホームページの活用を。

WEB SITE CREATES VALUE

個人事業主・フリーランス向けホームページ制作・定額制運営サービス


なぜ定額制(サブスクリプション型)?


個人事業主やフリーランスの場合、業務内容や顧客を知っているのは自分だけ。宣伝や集客のためにホームページをつくるなら、本来、自分でつくるのが一番です。けれども、ITの専門知識やデザインは専門外。だったらそこだけはプロに任せながら、社会の変化やビジネスに合わせて自分でホームページを強化していく。 ─ 初期投資を抑え、かつ小回りの良いホームページを持ちたいなら、定額制の運営サポートをつけるのがオススメです。
alana839-1560x1040.jpg iphone-mockup-cell918-1560x1040.jpg alana1420-1560x1040.jpg samsung-galaxy-phone3912-1560x1034.jpg desk-office-business1031-1560x1033.jpg
  • 01
  • ホームページに仕事をしてもらう

ホームページをビジネスパートナーに。

個人事業主やフリーランスは、とにかく何でもやらなければいけません。企画・広報・営業・経理・情報収集、etc.。だから、ホームページもつくりっぱなしだったり、そもそもなかったり。

けれども、インターネットでの情報収集はいまや当たり前です。もしも利用したいサービスのホームページがイケてなかったら(見た目だけでなく、内容の充実度やナビゲーションも含めて)、あなたはどんな印象を持つでしょうか。

ホームページは、宣伝にも集客にも使える仕事のパートナーです。「忙しい」という人も、なぜ忙しいか、日ごろの業務を振り返ってみてください。ホームページに情報を集約したり連携させたりすることで解決できることがあるかもしれません。新たな市場だって開けるかもしれません。どんどんホームページに仕事してもらいましょう。

ホームページの役割を明確に

小規模事業の「ホームページ制作あるある」をひとつ。「知り合いが安くつくってくれるというので頼んだら、仕事の合間にやるからなかなか完成しなくて、やっとできたと思ったら結局高くついちゃった。しかも自分で更新できないから放ったらかしにしてる」。頼んだ人、頼まれた人、どちらにも言い分のある話です。

この話には問題が二つあると思います。ひとつはそもそも「安くつくろう」と思ったこと。安いから「思ったようにできなくても仕方ないや」となる。もうひとつは「人まかせ」にしたこと。促されるがままに「あると良さそうね」とページや機能を決めた、あるいは途中でいろいろリクエストを出したり、しなかったでしょうか。

仕事の助けになるホームページにするなら、つくる目的は何か、そのためにどんなことをして欲しいかをまずは明確に。(予算感のすり合わせは最初にしたほうがいいですが)見積もりはそれからです。

  • 02
  • ホームページに育ってもらおう

事業に合わせてアップデート

ホームページの役割は、ビジネスや社会の環境とともに変わるもの。情報を更新したり、ページや機能を随時追加したりすることは当然想定されます。ここでまた問題が二つ。

ひとつは、更新や設定変更を誰が担当するか。業務内容や顧客をよく分かっている人が内容をつくるのが一番です。けれども「サーバーの設定やデザイン、文章は……」という人は、いつでもプロに頼める環境をつくっておくと便利です。もうひとつは、使っているホームページ作成ツールでどこまでできるか。無料の場合は、サポートがなかったり、広告が入ったり、どんどん処理速度が遅くなったり、さらには機能の制限もあったりします。

更新しやすいか、変更しやすいか。プロのアドバイスを聞きながら、事業に合わせて運営できるサービスを探していきましょう。

役割に合わせたサービスやプロを活用

事業に合わせたホームページにしていくには、相応の資源が必要です。ですからホームページを安く運営したい人は、そもそも作成を他人に頼まないほうがいい。無料のホームページ作成ツールを使って自分で制作・更新したほうがいいでしょう。サービスの比較サイトはたくさんあるし、Youtubeで検索すれば使い方も動画で教えてくれます。ホームページは誰でももてる時代です。

しかし、安くつくったホームページは分かります。しかも、専門外のITやデザインに四苦八苦する時間や、自分のスキルやセンスどまりの仕上がり、さらには無料サービスの様々な制限で、果たしてどんなホームページができあがるか。。。

個人事業主やフリーランスならきっと「餅は餅屋」ということを仕事でも実感しているはず。目的をもって協業・連携したときの効果は、ホームページ制作も同様です。

  • 03
  • サービスプラン

<小さく始め、事業に合わせて柔軟に拡張・充実させたい> <安心・安全なホームページサービスが欲しい> <技術的・デザイン的な部分はプロに任せたい>

個人事業主・フリーランスには、 ホームページ作成ツールと 定額制(サブスクリプション型)の運営サポートの
組み合わせをオススメします。

spice potの運営サポート(月額料金)には以下が含まれます。 ぜひご活用ください。   ・サーバーのレンタル料、データ管理  ・技術的な設定・変更 ・SEOや読み手を意識した編集、ネタ出し協力 ・月一回のレポート(新機能紹介・統計)


(すべて税抜価格)

Codex(コーデックス):プロフェッショナル向けクラウドCMS

・初期費用:30,000円(サーバー契約料・ホームページ作成費・操作説明費込み)
 ※ドメイン登録料(1,000円程度~)が別途かかります。
・月額料: ベーシックプラン4,800円(サーバー利用料・ホームページ管理費込み)
 ※ドメイン利用料(年間1,000円程度~)が別途かかります。

●士業・アーティスト向き
+スタイリッシュ
+自分でホームページをいじりやすい
+テスト環境で検証してから本環境にアップできる
-メルマガやネットショップが使いづらい → 外部連携をspice potがご提案
https://www.codexplayers.com/

Wordpress(ワードプレス):オープンソースソフトウェア

・初期費用:50,000円(サーバー契約料・ホームページ作成費・操作説明費込み)
 ※ドメイン登録料・デザインテンプレート購入(併せて5,000~10,000円程度)が別途かかります。
・月額料:4,800円(サーバー利用料・ホームページ管理費込み)
 ※ドメイン更新料(年間1,000~3,000円程度)が別途かかります。

●オールラウンド
+豊富な機能とデザイン
+カスタマイズ性が高い(メルマガ・ネットショップ等)
-サーバ管理が必要 → spice potがご対応
-SEOやセキュリティの対策が必要 → spice potがご対応
https://ja.wordpress.org/

Goope(グーペ):ホームページ作成サービス

・初期費用:30,000円(ホームページ作成費・操作説明費込み)
 ※ドメイン登録料・デザインテンプレート購入(併せて5,000円程度~)が別途かかります。
・月額料:3,600円(ホームページ管理費込み)
 ※ドメイン更新料(年間1,000円程度~)、グーペ利用料(プランによって月額1,000円・1,500円・3,500円)・ドメイン利用料(年間1,000円程度~)が別途かかります。

●お店向き
+お店向けの豊富な機能(予約・クーポン・メルマガ等)
+自分で管理できる範囲が広い
+スマホアプリで管理できる
-カスタマイズしにくい → 機能に合わせた運用をspice potがご提案
https://goope.jp/

※初期費用は、テンプレートを利用した料金です。初期費用には、開設時のメールアカウント追加、ブログ更新などの操作レクチャーも含みます。

※月額料金は、ロゴやスポット的なグラフィックデザイン、および外部連携や有料機能の購入費用、サイトのリニューアルなどは別途料金となります(運営サポートを通してあなたのビジネスを知ったうえでご提案させていただきます)。

※お支払いは、初期費用は銀行振込またはクレジットカード決済、月額料金はクレジットカード決済とさせていただきます。

  • 04
  • 制作・実績

ドッグトレーナー様向け(サービス紹介・ブログ)|Wordpress

ドッグトレーナーのサイトです。サービス紹介から「エキープ」がフランス語の「仲間」を意味することから、全体のデザインを選定。拠点の4つの機能を伝えつつ、拠点の最新情報はブログで紹介します。
https://fluffydays.com/

NPO様向け(サービス紹介・ブログ)|Wordpress

NPOが運営する多機能拠点の紹介サイトです。「エキープ」がフランス語の「仲間」を意味することから、全体のデザインを選定。拠点の4つの機能を伝えつつ、拠点の最新情報はブログで紹介します。
https://equipe-yokohama.com/

スポーツチーム様向け(会員募集・ネットショップ・メルマガ)|Wordpress

なでしこリーグに所属するサッカーチームのサポーターズクラブです。オフィシャルサイトを補完する機能を持っています。
https://blue-s-official.com/

  • 05
  • これからの仕事環境について考える

  • 06
  • FAQ

A. 可能ですがspice potではオススメしません。初期費用としておそらく30万円以上になってしまいますし、ページや機能を追加するたびにデザインのカスタマイズが発生します。事業内容に合わなくなったり、最新の機能を搭載したテンプレートができたりしたら、サクッと新しいテンプレートに乗り換えられるクラウドサービスのメリットを享受した使い方がいいと考えています。

A. 現時点では対応しません。どちらも使ってみましたが、使い勝手や制限等を考えると、spice potではCodex・Goope・Wordpressのほうが個人事業主やフリーランスに適していると考え、これらに注力しています。

A. 基本はメールまたはメッセンジャーです。状況によってビデオ会議も行ないます。なお、初回のレクチャー(120分)は対面(またはビデオ会議)で行ないます。

A. ブログの更新はスマホからでもできますが、設定変更はスマホで完結できません。観念してパソコンをご用意ください(笑)。自分でできる設定変更のレッスンもサポートに含まれています。

  • 07
  • お問い合わせ